偏頭痛と腰痛が関係してるって本当?

偏頭痛と腰痛というのは一見するとあまり関係ないように思えてしまいますが、実は非常に大きな関係があるのです。偏頭痛と腰痛がなぜ大きなつながりを持っているのかを説明していきます。

偏頭痛というのは、血行の流れが悪くなってしまったり、血行の流れが悪くなることが影響し、神経を刺激してしまうことなどが影響していると言われています。

姿勢が悪くなるというのは、それだけ筋肉が凝り固まってしまう原因になり、筋肉が凝り固まってしまえば、血行は悪くなっていきます。

そして姿勢が悪くなると、人体の中で非常に大きな負荷がかかる腰をまず痛めてしまうことになるでしょう。

わかりやすくまとめていくと、姿勢が悪くなる⇒腰が悪くなる⇒姿勢がより悪くなり⇒偏頭痛が起こりやすくなるというものになります。

姿勢を改善していくことで、偏頭痛を改善できたという人は意外と多くいるものです。
それくらい偏頭痛と腰痛というのは大きく影響していると言えます。

腰が悪くなると骨盤のゆがみにつながったりし、内蔵へも悪影響を与えてしまいがちです。そうなると、それが原因となり体調不良になってしまう可能性もあります。

少し姿勢が悪い、姿勢が気になっている人は、まず姿勢を改善してみてはどうでしょうか。

姿勢の改善は根本的な治療につながる!

偏頭痛に対して薬などの対処というのは、言ってしまえばその場しのぎになります。そのため薬がなければ、安心して生活をすることは難しくなるでしょう。

姿勢による改善をしていく場合、血流というからだの大きな要素に直接働きかけることができ、なおかつ、それを維持することができるようになるので、根本的な治療につながりやすいと言えます。長年偏頭痛に苦しまされている人ほど、しっかりとした姿勢を意識して、体の中から、状況を変えていくことをおすすめします。

この姿勢改善による偏頭痛改善方法は、非常に効果的となりますが、時間がかかります。姿勢を改善していくためには筋肉をある程度つけていく必要があり、体の内部の筋肉がしっかり発達していく必要があります。

姿勢が崩れていた人ほど、内部の筋肉というのは衰えてしまいがちなので、時間をかけて、着実に姿勢を改善していくことが大切です。

正しい姿勢を心掛けているだけでも、体の内部の筋肉はしっかりと刺激を受け続けていきます。正しい姿勢というのは、疲れてしまうものですが、それゆえに、どれだけ正しい姿勢を意識していけるかが鍵であると言えるでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ